IT・プログラマー必見!座りながら運動する方法

情報社会でもある近年ではプログラマーのような職種は人気でもあり、スキルや技術によっても年収の差が開くとも言われています。そしてヒットすることで億単位とも言える収入を得ることもできるとしています。そんな職業では主にデスクワークの仕事が多くなることもあり、運動不足が懸念されることでもあるようです。

 

そして食事も不規則となりがちとなり忙しい時では残業続きでストレスを溜め込むことも考えられるようで体重が増えてしまったり肥満となる人も見られるようです。ここではプログラマーも必見となる座りながら運動する方法を紹介したいと思います。運動不足によって体に様々な症状をきたすことも知られており、いずれ命に関わる病気を引き起こす引き金となることも考えられるようです。ですのでそれを回避するためにも日々の運動は大切ともなるようです。

 

たるんだお腹を引き締めよう

  1. イスに浅く座り両足を膝から足さきまでピッタとつけます。
  2. 手はお尻の横の両サイドを持ちます。
  3. 両足をつけたまま胸の近くまで持ち上げお腹にひきつけるように5秒ほど静止します。
  4. ゆっくりおろしこの動作を10回ほど繰り返します。

まだある腹筋運動!
イスに座りながらの上体後ろ起こしでは一般の寝そべった状態での腹筋運動を意識し、行う動作となっています。浅く座り両足を肩幅に広げ、上体を後ろに倒し背もたれにつく寸前に止めその状態を1分ほど維持します。そしてゆっくりともとの位置に戻します。

 

ウエストの引き締め

  • イスに浅く腰掛けお腹に力を入れながら足を交互に上げます。呼吸をしながら10回ずつ3セット行います。
  • 下半身を正面に向けたままウエストを左右にひねります。反動は使わずにゆっくりと行い手も一緒に動かしサイドにタッチするようにします。
  • イスに座りながら両足を浮かせエア自転車をおこないます。

上半身の固まった筋肉をほぐそう

  1. リラックスした姿勢で首をゆっくりと右、左と交互に回しましょう。
  2. 腕は下げたままで両肩を上に上げては下げるといった動作をくりかえします。
  3. 両腕を上にあげ頭の上で組んだら左右に体の横の筋肉を伸ばす気持ちで動かします。
  4. 次はそのまま両腕を足先につけるように前かがみになります。

開脚で下半身を柔らかくするストレッチ
イスに浅く座り、足を左右に大きく開き、股関節、ふとももの内側、足のうしろ側全体を伸ばす気持ちで前かがみになります。運動前のストレッチでも広く行われている開脚ストレッチをイスの上で行うようにイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

 

まだまだイスに座りながらの運動法やエクササイズ、ストレッチなど多くありますが、上記のを参考にして他のサイトでもたくさん紹介しているところも多々見られますので自身の取り組みやすいものから初めてみてはいかがでしょうか。組み合わせをして行うことで飽きずに続けることもでき、運動不足の解消となることも期待できるようです。

 

プログラマーに限らず毎日のデスクワークを仕事としている人で最近運動不足と感じている人や肥満気味と感じている人では、少しの積み重ねが健康維持や促進となることも考えられますのでおすすめとなっています。運動不足により基礎代謝の低下は避けられませんので自身で努力することを心がけましょう。