肉VSごはん、太りやすいのはどっち?検証!

減量するために食事制限をすると決めたときに果たして、肉VSごはんはどっちが太りやすい?疑問に思われる人もいることでしょう。間違った選択をすることで成功するか又は失敗してしまうかとなってしまうこともあり得るようです。結論から言うとごはんの方が断然に太りやすく逆に食べ方によってはお肉はいくら食べても太らないということが言えるようです。白いごはんが好きで3食食べている人には少しショックな事実かもしれませんよね!そして肉食中心としている人は太っているイメージがあるかと思いますがそれには意外な事実が隠されているようです。

 

たんぱく質VS炭水化物(糖質)

 

人間の体は寝ていたり何もしていないただ息をしているだけでも消費される基礎代謝というものがあります。それには筋肉の量にも比例され少なければ低く、多ければ高くなります。そのため筋肉をつくりあげる栄養素でもあるたんぱく質はとても重要で摂取することで体につくこととなります。

 

筋トレも同時に行うことで更に良質な筋肉となり代謝アップとなることが言われています。ですのでアスリートやスポーツをする人ではタンパク質を多く含んでいる肉などの食べ物を取り入れることが当たり前としています。そして肉を食べ消化する際にはかなりのエネルギーが必要となり使われることとなりますので高カロリーでも実質的には低カロリーとなることのようです。

 

そしてごはんでもある炭水化物(糖質)を食べることで、血糖値が急上昇することは知られています。肉を食べてもほとんどは上がることはなくタンパク質での上昇は見られないようです。そして血糖値が上がる際にはインスリンが分泌され血糖を脂肪に換えて蓄積させるホルモンでもあるため過剰分泌は肥満の原因ともされています。

 

そのためごはんの前にサラダを先に食べてから摂り入れることで上昇を緩やかにするといった食べ方をすることで肥満の予防としても今話題ともなっています。野菜、サラダは糖の吸収を抑える作用がありますので実践することで効果が実感できるとなっています。

 

肉もごはんも生きていくには必要不可欠!

 

結局のところ先ほども記載しましたが肉とごはんを比較するならば肉は痩せるには必要な栄養素となり、ごはんは太りやすい栄養素となることが言えるようです。しかしながら人間の体に必要な3大栄養素でもある炭水化物は必要不可欠なものとし、1日、1食は取り入れたいものでもあるようです。

 

糖質はエネルギーとして消費されその半分は脂肪として蓄積されますが、脳はこの糖質によって養われており他の栄養素では補うことができません。そのため不足することで集中力低下や機能低下などのもつながる恐れがあるとしています。ですので減量目的での糖質制限は無理なく行う必要があるようです。

 

お肉大好きが太る理由!

 

どんなに食べても太らないとは断言できませんが、調理の仕方や脂身の多い部位であったりするとやはりコレステロール、脂質の取りすぎで太ることも考えられます。そしてお肉といったらやはり白いごはんは欠かせないという人が太るイメージを定着させたものでもあるようです。糖質の含んだごはんと肉を一緒にお腹一杯になるまで食べればそれは肥満につながること間違いなしともいえますよね!

 

ダイエットをするなら炭水化物を多少は取り入れ、肉、野菜などバランスよく食べ運動することで成果が見られるのではないでしょうか。以前テレビでの番組で肉だけの生活で太るのか?痩せることができるのか?をやっていましたが結局は体重を減らすことができましたが、体調を崩したということで単品ダイエットは危険でもあるようですね。

 

米を食べるとハゲる?薄毛の都市伝説まとめ

 

米はAGA・薄毛の原因になっているのではないか?と噂されていますので、ついでにまとめてみました。

 

米に含まれているオリザポリアミンに触れています。

 

育毛・発毛には毛母細胞や毛乳頭細胞の活性化が重要です。毛髪の太さは毛乳頭のサイズに依存しており,毛乳頭を構成する毛乳頭細胞の増殖促進は太毛化につながります。そこで,オリザポリアミン(米胚芽抽出物)の育毛効果に対する評価を行いました。その結果,Control(オリザポリアミン無添加培地で培養)の増殖率を 100%とした場合,オリザポリアミン(米胚芽抽出物)は毛乳頭細胞の増殖を 40~60 %促進しました。1μg/mL 添加による細胞増殖率は 1/5 濃度のミノキシジル(世界各国で医療用の発毛剤として承認され,有効性が確認されている。)と同等でした。

 

引用元:https://www.oryza.co.jp/product/detail/oryza_polyamine_koka.html

 

玄米について触れています。

 

髪の毛の生成に必要なタンパク質、ミネラル、ビタミンB群が白米よりも優れていますので、必然的に玄米の方が薄毛予防や改善として効果が期待できるとしています。しかし玄米をたくさん食べたからといって発毛・育毛となるのではなく間接的に薄毛改善として期待できるものと認識しておきたいものです。

 

引用元:http://aga-hikaku.net/entry178.html

 

ごはんの力に触れています。AGA関連ではないのですが、お肌とお米の関係について詳しく説明されていますので、チェックしてみてくださいませ。

 

ごはん食での美容はダイエットだけではないんだよ。お米からとれる米ぬかは、お肌にとても良く、夏の強い陽射しに多く含まれる紫外線を防いでくれるんだ。さらに、紫外線を浴びたお肌をやさしくいたわる成分を含んだ、効果てきめんの自然派化粧品なんだよ。最近では、米ぬかを原料とした基礎化粧品やシャンプーなども多数あるんだ。

 

引用元:https://www.ricemile.jp/gohan/nutrition/

 

育毛・発毛効果について触れています。

 

ズバリ、結論から言ってしまうと、玄米には育毛・発毛をする上で土台として嬉しい効果が確かに期待できます! 薄毛改善を目指す人の間では、結構知られた話のようですね。

 

引用元:https://hagelabo.jp/articles/7785