パーソナルトレーナーって資格が必要な仕事ですか?

この職業に就きたい!と考えた時にまず思い浮かぶのは資格・検定・認定など一定の証明の必要性であると思います。

 

プライベートジムで働く、プロフェッショナルのパーソナルトレーナーの多くは資格取得に成功しているケースが多いのですが、必ずなければいけないのか?と言われればそうではないのです。

 

最近では人材不足を背景に初心者から教育・研修をして育てるシステムを導入している企業もありますので、知識があまり無い状況でも就職・転職することは十分に可能であると言えるのではないでしょうか?

 

実際に一流と呼ばれているパーソナルトレーナーで資格を1つも所有していないという可能性も十分にありますので、どちらかと言えば実績によって評価される実力主義の業界であると思われます。しかし、基本的な知識・技術の証明になることは間違えないので、意味は十分にあると思います。仕事で是非活用したい!という方のためにパーソナルトレーナーの仕事で本気で使える資格に厳選一覧して紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

資格一覧!あなたが気になるのはどれ?

 

  • NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)
  • ACSM/HFI (アメリカスポーツ医学会)
  • NSCA/CSCS
  • NSCA/CPT
  • AFAA/PFT

などが注目されることが多いですね。やはりトレーニングの文化が活発な米国がこの分野においては先進的な活動をしているように思われますので、一度渡米して本場で勉強してから日本で活動をするのもアリかもしないですね。アメリカ帰りのパーソナルトレーナーって聞こえがいいですし、何となく信頼できそうな一流の風格が出てきそうですね。イメージではありますが。また、上記以外でも調べてみるといろいろありましたので、まとめてみることにしましたので、どうぞご覧くださいませ。

 

  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • 商業スポーツ施設指導者(初級、中級、上級)
  • スポーツプログラマー(1種、2種)
  • JATI

こちらは厚生労働省や文部科学省管轄のフィットネストレーナーにおすすめの資格になりますので、覚えておきたいですね。種類が豊富にあるので、全てをゲットしようと考えるのではなく、自分にとって必要な知識はどれなのか?などいろいろと検証してみることをおすすめします。さらに費用・料金をいろいろリサーチしてみると正直言って高い!と感じるところもありますので、価格・値段を見て本当に必要なのか?について再度認識する必要があるかもしれませんね。

 

就職・転職に有利になる?給料アップのキッカケに

 

同じ位の経歴・実力を持った人材が採用面接に訪れたとすればやはりどっちか働いてもらう状況であれば資格は1つのプラスαになることは多いみたいです。「勉強熱心だね!うちの会社でも懸命に仕事をしてくれそう!」となる訳です。しかし、バリバリ結果を残し続ければ名前が売れ、有名人からの使命を受けることができるまでに成長するケースもあります。どっちを選ぶか?は自分次第ということになりますね。パーソナルトレーナーの求人・募集を見ても資格の必要性を訴えている企業と初心者歓迎モードの2種類がありますので、自分に合った就職先を選びましょう。